医薬品に関するノウハウを提供します

医薬品個人輸入ガイド

エラ(Ella)の効果・特徴や口コミ・体験談、最安値での購入方法など大解剖!

投稿日:

エラ(Ella)の購入は個人輸入の通販サイトで

エラ(Ella)は、望まない妊娠を防ぐために、緊急時に用いる経口避妊薬です。従来の緊急避妊薬と違っている点は、性交後120時間(5日)以内に服用すれば効果が確認されているという点にあります。そのため、薬を飲むか飲まないかを考える時間が欲しい、という時でも、ある程度の猶予を与えてもらうことができます。避妊に失敗したことが確実にわかっている場合でも、避妊はしていたが、確実さを期したいという時でも、どちらでも服用することができます。エラ(Ella)のような緊急避妊薬は、文字通り緊急時に使うものですので、もしもの時にすぐに使うことができるように、手元においておくと安心できます。エラ(Ella)はドラッグストアでは購入することはできませんので、通販を利用することになります。しかし、通販でもアマゾンや楽天市場などではやはり取り扱いはありません。ですので、エラ(Ella)を購入するには、海外から個人輸入の形で購入することになります。個人輸入といっても、手続きや支払いを自分で海外にあるショップと直接行うわけではありません。日本国内にある、個人輸入の医薬品の代行業者を通じて購入すれば、輸入の際の手続きや支払いなどを業者が代行してくれるため、注文したらあとは自宅に届くのを待っているだけですみます。値段の面でも、かなり安い価格で購入できる点も便利です。

エラ(Ella)を最安値で手に入れよう

緊急時に使用する避妊薬として、多くの女性の注目を集めているのが、エラ(Ella)です。エラ(Ella)は、モーニングアフターピルと呼ばれる、性交渉後、妊娠を避ける目的で使用される事後避妊薬で、通常では、性交渉から3日以内の服用で効果をあらわす事後避妊薬の中で、性交渉後、5日以内の服用であっても、8割以上の避妊効果がある医薬品です。
エラ(Ella)の主成分には、ウリプリスタル酢酸エステルという、受精卵の子宮内への着床を防ぐ効果のある成分が含まれており、一般的な事後避妊薬のように、間隔を空けて、複数の錠剤を服用するといった手間がなく、1錠服用するだけで高い効果を示します。そのため、望まない性交渉や、避妊具を使用しない性交渉による妊娠を防ぐために使用されています。
エラ(Ella)を最安値で購入するには、個人輸入という方法があります。個人輸入とは、仕入れ業者などを介さず、通販サイトやショップなどと直接やり取りを行うことによって、営利目的以外で、海外の品物を輸入する方法のことを言います。この方法では、関税や税関検査などの関係で、実際に行うとなると、薬事法を始めとする、複数の規定をクリアする必要がありますが、商品を最も安価で手に入れることのできる手段の一つでもあります。

エラ(Ella)の購入はコチラ

エラ(Ella)を手に入れる方法は個人輸入がある

エラ(Ella)は避妊に失敗した時に120時間以内に服用をすれば避妊効果を得ることができる、緊急避妊薬です。
妊娠は絶対に避けたいという女性にとって強い味方となってくれますが、エラ(Ella)は市販されている薬ではないので薬局に行っても手に入れることができません。
エラ(Ella)を手に入れるためには個人輸入を行う必要があるのですが、普通の人が海外から何かを取り寄せると言うのは簡単な物ではありません。

インターネットが普及して一昔前よりは個人でも海外から商品を取り寄せることは可能となりましたが、それでも言葉の壁がある以上慣れない人には難しいものです。
そうなるとエラ(Ella)を手に入れるのは不可能かということになってしまいますが、個人輸入代行業者を利用すれば普通の通販サイトと変わらずに欲しいものを手に入れることができるため、エラ(Ella)でも簡単に購入をすることができます。
個人輸入代行業者と言うのは文字通り、輸入の手続きを代行して行ってくれるので発注から商品の手配に決済まで全て代わりに手続きをしてくれるので輸入に対する知識がなくても欲しいものが手に入ります。
手数料も極めて安価なものとなっているため、金銭的な負担も少なく便利です。

緊急避妊薬のエラ(Ella)の副作用

緊急避妊薬エラ(Ella)になりますが気になるのが副作用です。

エラ(Ella)は有効成分としてウリプリスタール酢酸エステルを含んでおり、行為を行なった後の妊娠を防ぐために用いる薬となります。
この有効成分はプロゲステロン受容体に作用して排卵の抑制をさせて子宮内膜の変化を起こさせて効果を発揮させるので副作用としましては無理に使用すると不正子宮出血や月経異常といった月経困難症を招く可能性があります。
その他には直接排卵の抑制に作用していますから、頭痛、吐き気、腹痛、倦怠感といった症状が見られる可能性があります。

エラ(Ella)を服用できない方として、過去に使用して以上が見られた方や妊娠中の方は使用できません。
また併用禁忌薬としてセイヨウオトギリソウを含んだ食品や薬、その他のアフターピルやレボノルゲストレルが含まれる医薬品がありますので、普段から利用されている方は事前に医師に相談しておく必要があります。

基本的にこれらの副作用と服用できない場合がありますので、エラ(Ella)を服用する際は注意してください。
もしエラ(Ella)を服用して体調が悪化した場合は速やかに状況を把握して医師に相談すると良いでしょう。

エラ(Ella)の購入はコチラ

エラ(Ella)は時間の経過に伴う効果が薄れにくい

エラ(Ella)は、性交渉の後に緊急に避妊をしたいときに服用する黄体ホルモンの受容体の働きをコントロールする医薬品になります。
ヨーロッパで2009年に承認されて、アメリカで2010年に承認されている医薬品ですが、日本では2017年の4月の時点で、まだ承認されています。
そのため、独自にエラ(Ella)を輸入して処方しているクリニックも存在しています。
エラ(Ella)は、海外で安全性は、すでに確認されていますが、日本国内では、まだ承認されていないので、万が一、副作用を引き起こしてしまったときには、日本で実施されている補償制度などの対象にならないことがあるため、エラ(Ella)を処方するクリニックでは、このことを了承してもらってから処方することになります。
他の種類の緊急避妊薬は、性交渉を行ってから、時間が経過していくのに従って効果が薄れていくのが一般的で、性交渉から72時間以内に服用されていることが推薦されているのがほとんどですが、エラ(Ella)は、性交渉を行ってから120時間が経過するまで効果が薄れることなく避妊することができるとされています。
そのため性交渉から72時間以上が経ってしまったときはエラ(Ella)が効果的です。

エラ(Ella)を飲んで妊娠を回避した口コミ

排卵日にコンドームを使わずに性交渉をしてしまい、妊娠したらどうしようと不安になりました。ネットで良い方法はないかと探していると、5日以内に飲めば妊娠を回避できるというエラ(Ella)の口コミを見つけました。飲んだら妊娠しなかったという人が多く、すぐに購入しました。
性交渉から3日経ってからエラ(Ella)を飲んだので、もしかしたら効かないかもとドキドキしていましたが、次の生理がきっちり来たので安心しました。ほとんどのアフターピルは、48時間以内に飲むよう推奨されているのが一般的ですが、エラ(Ella)は5日間も猶予があるので良かったです。インターネットで注文したので、入手するまでに少し時間がかかり、少し焦りました。
嘔吐や頭痛などの副作用も起こらず、飲んだからと言って体の変化はありませんでした。
きちんと効くのがわかったので、今は何かの時のために、常に3箱ほどストックしています。もちろん、きちんと避妊をして性交渉をするのが一番ですが、ムードに押されてコンドームを使わないこともたまにあるからです。
男性に頼りきりではなく、避妊に失敗した時のセーフネットとして、エラ(Ella)があるのは頼もしいです。

エラ(Ella)の購入はコチラ

エラ(Ella)で無事に避妊できた体験談

避妊は徹底しているのですが、回数が多くなると失敗したかなと思えるときもあるのでお守り代わりにエラ(Ella)を持っていました。
確実に避妊に成功をするというわけではないようですが、何もしないよりはずっと避妊率が高いということで手元に置いておくことにしたのです。
低用量ピルを飲むのが良いのですが、以前飲み忘れをしてしまったりして意外に管理が面倒だったので、いざという時にはエラ(Ella)のお世話になることにしました。

使うことがないのが一番良かったのですが、避妊具が破れてしまって精液が漏れ出してしまったことがあったためエラ(Ella)を使うことになってしまったのです。
避妊失敗から120時間以内であれば効果があるということで、早ければ早いほど効果が高いという触れ込みであったため失敗から1時間もしない内に飲みました。
他の人の体験談では吐き気が強いという話も見ていましたが、たしかに少し気持ち悪くなりましたが我慢できないほどというわけではありませんでした。
あとは避妊効果だけが心配だったのですが、妊娠することもなく予定通り生理も来たのでホッとしました。
エラ(Ella)に頼る気はありませんが、いざという時にあると安心ですね。

-未分類

Copyright© 医薬品個人輸入ガイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.